年賀あいさつ・本文


  伝えたい内容●無事の越年を喜ぶ言葉  ●日頃のお付き合いへの感謝・近況報告などを簡潔に書きます  ●今後の
   指導や変わらぬ親交を願います  ●相手の健康・幸福や繁栄を祈ります 
  ※年賀郵便は、12月15日から受け付けが始まります。差し出す地域や郵便事情によりますが、12月25日頃までに
      出すと元旦に届くようです。松の内(1月7日まで)に届けば失礼にはあたりません。


  ■うっかりしがちなこんな間違い
  ・「賀正」「迎春」など2文字の賀詞は、簡略型です。目上の人には使えません。
  ・「新年あけましておめでとう」は重複の賀詞です。
  ・「元旦」は、新年最初の朝という意味。「一月元旦」「一月一日元旦」ではなく、「平成XX年 元旦」と書きます。
  ・「去(る)」「失(う)」「滅(びる)」「絶(える)」「暗(い)」「病(む)」「痛(み)」などは、年賀状で避けたい「忌み言葉」です。
    例えば「去年」は使わず、「昨年」「旧年」と書きます。
  ・家族と一緒に見る場合も多いもの。誰に見られてもいいように気配りをしましょう。
  ・相手が不快に感じるフレーズはできるだけ書かない、あるいは上手に言い換えましょう。
   「リストラ」→「会社を卒業しました。新しい可能性に燃えています」
   「離婚」→「念願の独身です。素敵な恋人を募集中」

TOP 年賀挨拶本文 年賀イラスト 寒中見舞い 喪中ハガキ     年賀状に戻る
B-1 B-2 B-3 B-4
B-5 B-6 B-7 B-8
B-9 B-10 B-11 B-12
B-13 B-14 B-15 B-16
B-17 B-18 B-19 B-20
B-21 B-22 B-23 B-24
B-25 B-26 B-27 B-28
B-29 B-30 B-31 B-32
B-33 B-34 B-35 B-36
B-37 B-38 B-39 B-40
B-41 B-42 B-43 B-44
B-45 B-46 B-47 B-48
B-49 B-50 B-51 B-52